形成外科について

形成外科と整形外科、美容外科の違い

形成外科は、けがなどによる体の変形や欠損、生まれつきの体の形態の異常などを対象としています。
けが、やけどなどの傷、手術で失った組織を再建する、体の先天性の奇形を修正したりといったことが主な治療範囲です。
脂肪吸引や目の下のたるみ取りなど美容外科もこの範囲に入ります。
それに対して整形外科は体の運動に関する治療を行います。
骨や関節、筋肉、神経などに関するけがや疾患の治療や、肩こりや腰痛の治療、リハビリテーションなどです。
美容外科は整形外科とは範囲がぜんぜん違います。
あくまで美容だけを目的とした形成外科ととらえておくことがいちばんわかりやすいようです。
でも、大きな病院では保険の上の理由などがあって、美容外科の診察は行わないところが多いようです。
形成外科は、生まれつきの体の異常やけがによる変形、欠損などをできる限り正常な状態に近づけることを目的としています。
身体に関しての悩みを持ち、社会に出ることをためらう傾向がある人がきちんと社会に適応できるようになることを目的としているところが整形外科、美容外科と違うところです。

更新ページ一覧

おすすめ情報

バナー領域

Copyright© 形成外科 All Rights Reserved.